ウォーターサーバーと天然水

震災以降、安全で安心な水がいつでも手に入るウォーターサーバーの人気が出てきています。ウォーターサーバーの中に入れる水は人工的に作られたRO水と天然水とに分類されます。

RO水の場合、人工的に作成できる分、安価に手に入れることができます。

RO膜という膜でろ過された水なので不純物は入っておらず安全です。ただ、不純物と一緒にミネラル成分も取り除かれてしまうので人工的にミネラルを後から追加しており、美味しさのめんでは天然水に劣るでしょう。

天然水は採水地で自然に採取された水を使用しています。



天然にろ過された水なので甘味やまろやかさ、深い味わいが感じられます。自然界のミネラルを豊富に含んでいるため美容や健康に効果があります。

All About情報に関するかしこい運用法をチェックしてください。

採水地にわざわざ行かなくても自宅で手軽に楽しめるのはメリットです。


ただ、採水地によって味が違ってくるので人によっては口に合わないものもあるでしょう。


RO水に比べるとろ過や殺菌処理など不十分なので、水の安全性を重視してウォーターサーバーを購入した人には安全面で徹底されていると言えない部分はあります。



できるだけ安全な天然水を手に入れるためには、信頼できるウォーターサーバーのメーカーを探し出すことが大切です。
その上で、毎日飲むものなので自分がおいしいと感じるものを選ぶようにしましょう。ランニングコストがかかってくるので予算面でも注意が必要です。

天然水はミネラルや硬度の違いでかなり味に違いは出てきます。

top